岐阜県警察本部は岐阜県公安委員会になりすまし公文書作成する

岐阜県警察本部は偽造文書作成
平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件
原告  平 成 一 刻
被告  岐 阜 県
準 備 書 面 18
平成28年10月3日
岐阜地方裁判所 民事第1部合議係 御中  
平 成 一 刻
頭書事件について、原告は、下記の通り弁論を準備する。
第1 被告の作成した偽造文書に対する慰謝料請求理由の追加
1 甲64号証は偽造公文書
甲64号証は岐阜県警察本部が決裁した文書であるから岐阜県警察本   部が作成した文書であるが、作成者が岐阜県公安員会となっていることから有形偽造の偽造公文書である。
2 甲4号証も偽造公文書
甲4号証の岐阜県公安員会の公印の押し方と、甲64号証の岐阜県公安委員会の公印の押し方が次の2点で非常に良く似ている。
⑴ 公印の印影が右に傾いている事
⑵ 公印の印影の文書に対する位置
従って甲46号証と甲4号証は岐阜県警察本部職員の同一人物が岐阜県公安員会の名を冒用した有形偽造公文書である。
3 被告は上記1と2のとおり偽造公文書を作成しているので、原告は精神的苦痛に対する慰謝料10万円を被告に請求する。なお原告は原告準備書面10の第1の3について慰謝料の額を40万円から30万円に減額し、その差額10万円を当該請求理由の請求額とする。                     http://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56088871.html 岐阜県警察本部長 竹内浩司に最高責任があることは言うまでもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック