岐阜県警察本部長 竹内浩司は有印公文書偽造したのか

岐阜県警察本部は偽造文書作成 岐阜県警察本部長 竹内浩司は甲64号証のとおり偽造公文書を作成している。これは、岐阜県警察本部が作成した書類であるが、作成者が岐阜県公安委員会となっているから権利もなく岐阜県公安委員会を冒用しているのである。 岐阜県公安委員会事務専決規定(昭和41年10月25日岐阜県公安委員会規定第3号)に警察法79条に基づく苦情の申し出に関してはこの規定が含まれていないから岐阜県警察本部はこの事務をすることが出来ないにもかかわらず、不法に甲64号証を作成しているのである。 また、甲4号証の岐阜県公安委員会の公印の押し方と、甲64号証の岐阜県公安委員会の公印の押し方が次の2点で非常に良く似ている。 ⑴ 公印の印影が右に傾いている事 ⑵ 公印の印影の文書に対する位置 従って甲46号証と甲4号証は岐阜県警察本部職員の同一人物が岐阜県公安委員会の名を冒用した有形偽造公文書である。 岐阜県知事 古田肇は4期目の知事選に出馬するそうですが、岐阜県警を大掃除してから次に望んで下さい。 岐阜県警察の腐敗と堕落は底なし沼状態であることを古田肇知事は認識しているのでしょうか。今一度訴訟の記録を岐阜の裁判所に行って閲覧して下さい。そして、何が岐阜県民の為になるのかよく考えて出馬して下さい。本当にあなたが岐阜県警を刷新し岐阜県民の為に働けるのかよく考えて下さい。 http://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56092837.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック