名古屋高等裁判所は絶望の裁判所

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高裁刑事第1部の裁判長裁判官 山口裕之 裁判官 出口博章 同 大村陽一は平成一刻の不審判請求の抗告を棄却した。  裁判所と岐阜県警察本部の癒着はとどまるところが無い。  全国の警察官が、石川直和刑事課長の真似をしたら大混乱になることが分からないのだろうか。  山口裕之判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁の山下博司判事は大悪党

岐阜地裁の山下博司判事らは刑事事件である不審判請求を1年4カ月保留したので、平成一刻はこのことを訴訟物の一つとして国を相手に岐阜地裁に訴訟を起こしたらようやく不審判請求を棄却する判断をしたものである。   次の資料は高山警察署 刑事課長 石川直和の民事裁判の答弁書である。内容は地方公務員法の秘密の漏えいと公務員職権濫用罪を認めなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁・岐阜地検・岐阜県警は同じ穴のむじな

 警察官が暴力団のような言葉を使い、犯罪を犯すのはそれを取り締まる検察庁や裁判所が警察官を厳しく処罰しないからである。更に岐阜県公安委員会(委員長 石井成一 委員 古田善伯 水谷邦照)も民主的な公権力の行使を指揮監督していないからである。 今回も、高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、公務員職権濫用罪を犯して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下博司判事は無法治国家立国

 司法崩壊を証明した山下博司判事  岐阜地方裁判所は犯罪者を罰せず真面目に働いて生活している者を無実の罪に陥れ、公権力の名の下で違法に財産を接収する最悪の集団である。警察を使って年寄りや、病人や、障害者をいじめるの恐ろしい集団である。  また、高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、公務員職権濫用罪を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判官 山下博司は悪党

 岐阜地方裁判所は犯罪者を罰せず真面目に働いて生活している者を無実の罪に陥れる最悪の集団である。年寄りや、病人や、弱い者をいじめるの恐ろしい集団である。  高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、公務員職権濫用罪を犯しているのだから岐阜地裁がどんな理由をつけて説明しても国民は納得しないだろう。裁判所、検察庁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁は法律を破る団体

 岐阜地方裁判所は悪の巣である。正義や真実探求など微塵もない。非道な妖怪の集まりである。罪人を処罰せず、年寄りや、病人や、弱いものをいじめる最悪の集団である。  警察官が犯罪を犯すのは、それを取り締まる、検察庁や裁判所が警察官を厳しく処罰しないからである。今回も、高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁と警察は同じ穴のムジナ

 警察官が犯罪を犯すのは、それを取り締まる、検察庁や裁判所が警察官を厳しく処罰しないからである。今回も、高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、公務員職権濫用罪を犯しているのに検察庁も裁判所も罪を問わなかった。裁判所、検察庁、警察は同じ穴のムジナになっているのである。                     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁刑事部 裁判長裁判官 山下博司、裁判官 四宮知彦は不審判請求を棄却

  平成28年8月9日、岐阜地方裁判所刑事部 裁判長裁判官 山下博司、裁判官 四宮知彦、裁判官 西脇典子は平成一刻の請求していた不審判請求を棄却した。  平成一刻は平成25年11月初旬告訴状を高山警察署に提出した。高山警察署は郵便で告訴状を返却したが、平成一刻は受け取り拒否で告訴状を送り返した。  平成25年11月18日、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁は不審判請求を棄却

  平成28年8月9日、岐阜地方裁判所刑事部 裁判長裁判官 山下博 司、裁判官 四宮知彦、裁判官 西脇典子は平成一刻の請求していた不審判請求を棄却した。  平成一刻は平成25年11月初旬告訴状を高山警察署に提出した。高山警察署は郵便で告訴状を返却したが、平成一刻は受け取り拒否で告訴状を送り返した。  平成25年11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  不法者の唐木浩之判事らは早期に退官せよ

  不法者の唐木浩之判事らは早期に退官せよ 岐阜地方裁判所民事第一部は 平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等 慰謝料請求事件で唐木浩之裁判長、平山俊輔判事、松田康孝判事が法律を破り不法な判決を出した。   同裁判官らは被告が一度も出頭しなかったにも関わらず被告を勝訴としたのだ。裁判を欠席して、自分の意見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所は法律を破る裁判所

 岐阜地裁の腐敗はとどまることが無い。 岐阜地方裁判所民事第一部は 平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で唐木浩之裁判長、平山俊輔判事、松田康孝判事は違法な判決を出した。   被告が一度も出頭しなかったにも関わらず被告を勝訴とした。裁判を欠席して、自分の意見を出さないものが勝訴できるようになれば誰も裁判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所の唐木浩之裁判官は退任せよ

 唐木浩之判事は税金泥棒だ  平成28年3月24日、唐木浩之裁判長は岐阜地方裁判所民事第1部平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で被告が一度も出席しなかったにも関わらず被告勝訴の判決を出した。弁論主義と民事訴訟法第159条の規定を違反し、原告敗訴とする不法な判決を出した。  また、職権探知主義は禁止されているの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岐阜地検の検事は 平成一刻から事情を聴取

岐阜地検の検事は 平成一刻から事情を聴取 平成28年7月26日、岐阜地検の検事は 平成一刻から次の事件の事情 を聴取しました。 1 平成27年9月16日、岐阜家庭裁判所高山支部 高木健司裁判官と岩本孝仁書記官を虚偽公文書作成罪で告発した事件 2 平成27年11月9日、高山警察署の石川直和刑事課長を地方公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法曹界は悪党の塊

法曹界は悪の集団ですよ。  高木健司判事、唐木浩之判事は平気で、法律を犯す。篠田和邦検事は犯罪者を公訴しない。私の依頼した弁護士は、私のお金を持ち逃げする。二人目の代理人弁護士は裁判所の言いなりで私の意見を取り上げない。法律を破る裁判官がいることから、裁判所と戦う弁護士を探しましたが誰一人気骨のある弁護士はいない。   全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法曹界の悪党を退治するぞ

訴    状 平成28年7月5日 岐阜地方裁判所  御中   本籍 岐阜県〇〇〇〇〇〇〇00番地   住所 岐阜県〇〇〇〇〇〇〇〇番地     原告 平成一刻 送達場所 〒〇〇〇-〇〇〇〇  岐阜県 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇番地          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐木浩之判事はヒトラー

唐木浩之判事はヒトラー 岐阜地裁の唐木浩之裁判長は平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で被告が一度も出席しなかったにも関わらず原告(平成一刻)を敗訴とした。そこまでして、高木健司裁判官の判決を維持しなければならないのか。  裁判は弁論も証拠もなくても唐木浩之判事の考え一つでどうにでもできることを露呈し、現在の裁判所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所の唐木浩之判事は辞職せよ

岐阜地裁の唐木浩之判事の横暴を許すな  岐阜地裁の唐木浩之裁判長は平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で被告が欠席したにも関わらず原告を敗訴とした。被告の主張していないことを理由に原告を敗訴としたのである。  裁判は弁論も証拠もなくても裁判長の一存でどうにでもなるとした暴挙でる。これは現代の司法機関の象徴として醜態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more