唐木浩之判事に正義感はあるのか

岐阜地方裁判所民事第一部は 平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で唐木浩之裁判長、平山俊輔判事、松田康孝判事は不当な判決を出した。   被告が次の第二回口頭弁論調書のとおり欠席したにも関わらず被告を勝訴とした。そして、職権探知主義は禁止されているのもかかわらず、被告の主張のしていないことを理由に原告を敗訴としたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所は不当判決

平成一刻は、 平成27年(ワ)第333号 虚偽文書等提出慰謝料請求事件で唐木浩之裁判長、平山俊輔判事、松田康孝判事は不当な判決を出したので控訴した。  唐木浩之らは平成一刻の提出した証拠を無視し、文書送付嘱託申立書4件と文書の鑑定をするようにお願いしたがいずれも却下し真実を洗いだそうとしなかった。  また、別件の平成27年(ワ)第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は泥棒の棟梁ですか。

岐阜県警察本部に個人情報の開示を求めましたが、核心部分は何も開示しませんでした。全く、税金泥棒です。泥棒が泥棒を捕まえることができるんでしょうか?  白を黒にしてしまうのですから、情報公開制度など有名無実のものです。古田肇岐阜県知事はどう考えているんでしょう。  これでよく県政ができるものです。  この件で平成一刻は行政不服審査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 岐阜県知事古田肇の代理人弁護士は表現の自由をを知っているのか?

岐阜県警 高山警察署失態(録音) (暴行罪、脅迫罪、名誉毀損又は侮辱罪を犯し 名前を名乗らないとんでもない岐阜県警 高山警察署の警察官) 問い合わせ 高山警察署 0577-32-0110 平成一刻の言葉  一流の公僕は法を曲げて弱者や正直者を救う。  二流の公僕は法を使って弱者や正直者を救う。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高検察庁から返事が来ました

 最高検察庁から返事が来ました 平成一刻は岐阜地方裁判所 高山支部の高木健司判事と岩本孝仁  書記官を最高検察庁に虚偽公文書作成で刑事告発していたところ、同検察庁から返事がありました。岐阜の検察庁に回付するそうです。岐阜地方検察庁は今回は真面目に仕事をして下さい。高木健司裁判官と岩本孝仁書記官を日本の未来の為に起訴して下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 訴追請求状が受理されました。高木健司判事を弾劾裁判にかけてください。

 訴追請求状が受理されました。高木健司判事を訴追して下さい。これだけ嘘つき裁判官は法曹界から追放しなければなりません。裁判所で一番大切な口頭弁論調書をわざと事実と違うことを記述する なんて絶対に許せません。裁判官訴追委員会委員長の森 英介さん 国家の秩序を取り戻してください。おねがいします。9月9日の訴追状も訴追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所高木健司裁判官と岩本孝仁書記官を告発する。

岐阜家庭裁判所高木健司裁判官と岩本孝仁書記官を告発する。 告 発 状 1.告発人 〒 住所:岐阜県 番地 氏名 : 生年月日: 携帯  2.被告発人    岐阜家庭裁判所高山支部 裁判官 高木健司 岐阜家庭裁判所高山支部 裁判所書記官 岩本孝仁 3.告発日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所高山支部の高木健司裁判官これは民事訴訟法第257条違反

平成26年1月20日、私は岐阜家庭裁判所高山支部の高木健司裁判官に次の抗議文を出したが、高木健司裁判官は明らかに誤った判決であるのもかかわらずこれを無視し、判決の更正をしなかった。これは民事訴訟法第257条違反である。 詳しくはhttp://blogs.yahoo.co.jp/yowork5487/36044629.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訴追委員会委員長 鳩山邦夫氏は既成概念にとらわれず改革せよ

私は平成26年2月4日 岐阜家庭裁判所 高山支部 高木健司裁判官を虚偽の判決文(虚偽公文書)を作成したとして訴追する様請求したが、訴追委員会委員長 鳩山邦夫氏は訴追しないことを決定し私に通知した。  このことは、犯罪者である高木健司を野放しにするものであ。.現代社会では到底許されるものではない。  裁判官訴追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訴追委員会委員長 鳩山邦夫氏は真実を真摯に受け止めよ

私は平成26年2月4日 岐阜家庭裁判所 高山支部 高木健司裁判官を虚偽の判決文(虚偽公文書)を作成したとして訴追する様請求したが、訴追委員会委員長 鳩山邦夫氏は訴追しないことを決定し私に通知した。  このことは、犯罪者である高木健司を野放しにするものであ。.現代社会では到底許されるものではない。  詳しくはhttp://blo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 田口健治検事は犯罪を犯している篠田和邦検事を黙殺

岐阜地方検察庁 田口健治検事は犯罪を犯している篠田和邦検事を不起訴とし、犯罪を黙殺した。不起訴の理由を田口健治検事に聞こうとしたが拒否された。  日本の捜査機関の腐敗ぶりはとどまるところを知らない。  日本は法治国家でなくなってしまっている。  国民の皆さんはこの現実を認識し、早期に行動を起こさなければ、日本に未来は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所は被疑者に味方し病人をいじめるんですか?

債権者(原告)が詐欺罪の被疑者になっているのですが、おかしな話です。 木下秀樹裁判官、達野ゆき裁判官、舟橋伸行裁判官はあくまでも被疑者を擁護するのですね。正義も真実もやはり無いんですね。失望しました。まさに「絶望の裁判所」です。  裁判官の考えることは私には理解できません。嘘をつく人を助け、真面目に生きている人をいじめるのが法律な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所 高山支部 岩本孝仁書記官はなぜ虚偽公文書を作成したか

私は陳述書で4項目について裁判所に審理する様お願いした(別紙10)が、取り上げず、第3回口頭弁論調書で岐阜家庭裁判所 高山支部 岩本孝仁書記官が 「当事者双方 これ以上の主張及び立証はない」 と有印虚偽公文書(別紙9)を作成し、高木健司裁判官もその文書に合議をしている。  私は、高木健司裁判官が証拠を突き合わせて審理する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 高松地方検察庁 篠田和邦検事は平成26年度岐阜地方検察庁で在勤中、虚偽公文書を作成

篠田和邦検事に抗議した録音データー   高松地方検察庁 篠田和邦検事は平成26年度岐阜地方検察庁で在勤中、虚偽公文書を作成した。   私が告発した元妻と高木健司裁判官(岐阜家庭裁判所高山支部)が明らかに犯罪を犯しているにもかかわらず、何の根拠もなく嫌疑なしにより不起訴処分の通知書を私に送付した。  元妻は私が元妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 篠田和邦検事が香川県の高松地方検察庁へ転勤

岐阜家庭裁判所 高山支部 高木健司裁判官は次の診断書で、「私が妻に熱傷を負わせた」としたので、私は高木健司を虚偽公文書作成で告発したが、岐阜地方検察庁 篠田和邦検事は嫌疑なしで不起訴とした。私はさらに篠田検事を虚偽公文書作成で告発した。  岐阜地方検察庁は篠田検事を捜査しているそうだが、必ず篠田和邦検事を起訴してほしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所 高山支部 高木健司裁判官はなぜ虚偽公文書を作成したのか

 人は何の利益にならないことはやらないものであるが、何か利益があったのだろうか。  私はあのいい加減な判決文から推測して、私に法外な財産分与を与えることで、私が子の親権や慰謝料の請求等をすべて放棄すると考えたのではないか。つまり私を金で釣ろうとしたのである。  高木裁判官はいろんな証拠を深く審理するのが煩雑だから、私に多額な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁から篠田和邦検事の犯罪の追完指示書

岐阜地方検察庁から篠田和邦検事の犯罪の追完指示書が届きました。篠田和邦検事の告訴事実の確認でしたので、別紙の内容でお願いしますと回答しました。今回は誠実に職務を全うして下さい。でないと法治国家の名が廃ります。権力のある者だけが法の裁きを受けないのでは封建時代に逆戻りです。日本が暗黒時代になり、国が栄えなくなります。良心と正義と真実を大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 検事 篠田和邦に抗議した録音データー

 岐阜地方検察庁 検事 篠田和邦検事の不起訴説明がありましたが、私は全く理解できませんでした。熱傷の事実は無かったことを認めながら、熱傷があったとする高木健司裁判官や元妻を不起訴にする説明はありませんでした。まさしく、篠田和邦検事は高級税金泥棒です。そのやり取りは以下の録音の通りです。検察審査会で正しい判断がなされるでしょうなんて、全く…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所高山支部執行官と岐阜県警察本部高山警察署の察官が83歳の老人を押し倒した状況 堕落

平成一刻はこの事件について、岐阜地裁に損害賠償請求したが岐阜地裁の真鍋美穂子判事は訴えを棄却した悪党である。警察と裁判所は癒着しているとしか思えない。 岐阜地方裁判所高山支部執行官と岐阜県警察本部高山警察署の伊藤孝典が83歳の老人(要介護2)を押し倒した状況(音声) これは刑法222条脅迫罪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more