テーマ:罷免

西川克行検事総長は大悪党

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川克行検事総長は売国奴

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所 裁判長 永野圧彦は無法地帯

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。永野圧彦らは岐阜県知事古田肇と癒着しているので最高裁に上告受理申立書を提出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高裁 田邊浩典裁判官に正義感0

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。永野圧彦らは大悪人であるので最高裁に上告理由書を提出した。https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判官訴追委員会 保岡興治委員長は役立たず

 唐木浩之裁判長は平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等慰謝料請求事件で被告が一度も出席しなかったにも関わらず被告勝訴の判決を出した。  平成一刻は裁判官訴追委員会に訴追請求したが保岡興治委員長は訴追しなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本有一岐阜県警察本部長は岐阜県警の正義を回復できるのか 

山本有一岐阜県警察本部長は岐阜県警を刷新できるのか   警察庁の人事異動が平成28年8月2日内示され、新しい岐阜県警本部長に警察庁警備局付の山本有一警視長(52)の就任が決まった。異動は10日付。  就任早々、岐阜県警察本部の大掃除をしなければならないとは気の毒です。しかし、岐阜県民の為に岐阜県警察本部を刷新して下さい。やるなら「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所 高山支部の高木健司判事と岩本孝仁書記官を不起訴

 平成27年9月16日、平成一刻は岐阜地方裁判所 高山支部の高木健司判事と岩本孝仁書記官を最高検察庁に虚偽公文書作成で刑事告発していましたが、残念ながら、平成28年10月25日岐阜地方検察庁は不起訴処分としました。残念です。やはり、裁判官と検察官は同じ穴のムジナなのでしょうか?  http://blogs.yahoo.co.jp/yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁刑事部 裁判長裁判官 山下博司、裁判官 四宮知彦は不審判請求を棄却

  平成28年8月9日、岐阜地方裁判所刑事部 裁判長裁判官 山下博司、裁判官 四宮知彦、裁判官 西脇典子は平成一刻の請求していた不審判請求を棄却した。  平成一刻は平成25年11月初旬告訴状を高山警察署に提出した。高山警察署は郵便で告訴状を返却したが、平成一刻は受け取り拒否で告訴状を送り返した。  平成25年11月18日、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁は不審判請求を棄却

  平成28年8月9日、岐阜地方裁判所刑事部 裁判長裁判官 山下博 司、裁判官 四宮知彦、裁判官 西脇典子は平成一刻の請求していた不審判請求を棄却した。  平成一刻は平成25年11月初旬告訴状を高山警察署に提出した。高山警察署は郵便で告訴状を返却したが、平成一刻は受け取り拒否で告訴状を送り返した。  平成25年11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  不法者の唐木浩之判事らは早期に退官せよ

  不法者の唐木浩之判事らは早期に退官せよ 岐阜地方裁判所民事第一部は 平成27年(ワ)第393号虚偽告訴等 慰謝料請求事件で唐木浩之裁判長、平山俊輔判事、松田康孝判事が法律を破り不法な判決を出した。   同裁判官らは被告が一度も出頭しなかったにも関わらず被告を勝訴としたのだ。裁判を欠席して、自分の意見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more