テーマ:公安委員会

法務省の小島寿一は悪人

法務省の小島寿一、小泉達也、橋本真志は原告準備書面6で主張した甲4号証が虚偽公文書であることを否認した冷血人間である。  甲4号証は明らかに虚偽公文書であるのに血も涙もない主張である。小島寿一、小泉達也、橋本真志らは法務局の職員で人権を守る立場のはずなのに、平成一刻の人権を踏みにじる極悪非道人である。 https://blogs.y…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇はアルツハイマー

岐阜県知事 古田肇の主張は矛盾している。被告準備書面⑶では、平成25年11月6日、原告は告訴状を高山警察署に出していないと主張しているが、被告準備書面⑷では同日提出したとしている。また、被告準備書面⑶では、平成25年11月9日、原告は告訴状を高山警察署に出していると主張しているが、被告準備書面&#93…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇の主張

岐阜県知事古田肇の主張は嘘ばかりです。  ​県知事がよくこれだけ嘘​がつけるものです。  空いた口がふさがりません。 詳しくは https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56554790.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は虚構がお好き

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 1 被告答弁書の1ぺージ下から3行目『「原告が知ったのは平成28年11月24日岐阜地裁に於いて石川を証人尋問した時である。」は不知』の不知は虚偽の主張である。なぜなら岐阜県知事の代理人がこの尋問に同席していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は悪人ですか

平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 原告  平成一刻 被告  岐 阜 県 準 備 書 面 3 平成29年10月20日 岐阜地方裁判所 民事第1部合議B係 御中         原告  平成一刻 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警井上悦希 公文書偽造 疑

にほんブログ村 岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 第1 甲3の2は偽造公文書 ⑴ 原議書の未作成について 岐阜県公安委員会の公印を使用する場合、甲12の岐阜県公安委員会公印規定の運用に関する訓令第3条には「公印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は犯罪者のリーダー

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 第1 石川直和刑事課長の告訴権侵害と公務員職権濫用罪について  1 被告の主張 岐阜県知事 古田肇は、平成25年11月18日、石川直和刑事課長が原告の上司に告訴状を返却依頼したことが被告準備書面⑵の2頁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は罪人を保護する悪人

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 第1 石川直和刑事課長の地方公務員法違反について  1 岐阜県知事 古田肇の主張     岐阜県知事 古田肇は、被告準備書面⑵の第1で平成25年11月18日、石川刑事課長が原告の上司に告訴状を返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は犯罪者のボス

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 第1 石川直和刑事課長の告訴権侵害と公務員職権濫用罪について 1 被告の主張 岐阜県知事 古田肇は、平成25年11月18日、石川直和刑事課長が原告の上司に告訴状を返却依頼したことが被告準備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇は嘘つき

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 ⑴ 原議書の未作成について 岐阜県公安委員会の公印を使用する場合、甲12の岐阜県公安委員会公印規定の運用に関する訓令第3条には「公印を使用しようとするものは、決裁を得た原議又は証拠書類を添えて管理責任者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇は嘘つき

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 ⑴ 原議書の未作成について 岐阜県公安委員会の公印を使用する場合、甲12の岐阜県公安委員会公印規定の運用に関する訓令第3条には「公印を使用しようとするものは、決裁を得た原議又は証拠書類を添えて管理責任者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部長 竹内浩司は偽造文書作成か

 平成一刻は岐阜県警察本部 岐阜県警察本部長 竹内浩司、警務部長 井上悦希、主席監察官 安田憲司、監察課長 大坪道明、上席監察官 沢井孝明らが岐阜県公安委員会を冒用して偽造文書を作成したと確信した。 平成一刻は甲3号証の3と甲3号証の4で岐阜県公安委員会へ警察官の職務について照会した。甲3の3は岐阜県公安委員会で平成25年11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部長 竹内浩司 偽造公文書作成疑い

岐阜県警察本部監察課が有印公文書偽造した証拠を公開します。偽造文書に押印した岐阜県警察本部長 竹内浩司、警務部長 井上悦希、主席監察官 安田憲司、監察課長 大坪道明、上席監察官 沢井孝明他、この文書に押印した人物は、公文書偽造の実行共同正犯である。 上記人物の中で、下記の1,5mmの説明ができる方がいますか?できないと全員豚箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は嘘つき百貨店

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 第1 甲3の2ゴム印の印影と乙3の関係 1 岐阜県知事古田肇の主張 岐阜県知事 古田肇は答弁書の被告の主張の第1の1と2及び被告準備書面⑴の第3の3で、甲3の2の印影と乙3の印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川克行検事総長は売国奴

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 石飛大輔は大悪人

平成25年11月18日頃、石川は石川の上司である高山警察署長の杉江功に(以下「杉江」という。)原告の告訴状の取り扱いについて相談し、杉江の指揮で石川は原告の告訴権とプライバシーを侵害したのであるから、石川と杉江の刑法上の関係は共謀共同正犯である。直接犯行を行った、石川は道具のような存在であるが、杉江は背後の黒幕的存在であり、常識的に考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田岐阜県知事は詭弁論者

 被告の岐阜県知事古田肇の主張は詭弁である。1 明らかに1.5mmのずれがあるのにないとする主張が4ページにある。事実を捻じ曲げる主張である。 2 岐阜県公安委員会の公印や岐阜県警察本部長の印が押してある甲3号証の2や4を軽易な文書として扱ったとしている主張が5ページにある。これらの文書は岐阜県公安委員会や岐阜県本部長の押印した文書で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣 金田勝年は引責辞任せよ

 平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。最高検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検事総長 西川克行 を更迭しろ

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。最高検察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高裁 裁判官 田邊浩典は倫理観なし

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官を写真で撮影しようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所 裁判官 田邊浩典は悪魔

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。 https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地検 加藤和宏次席検事は無法者

岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした大悪党である。 平成一刻は竹内浩司らが明らかなに偽造文書を作成した証拠を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。 岐阜地検と岐阜県警は癒着しているとしか思えない。岐阜地検に正義など微塵もない。 https://blog…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被告岐阜県知古田肇の主張はギャグですよ

被告の岐阜県知事古田肇の主張はお笑いである。 1 明らかに1.5mmのずれがあるのにないとする主張が4ページにある。 2 岐阜県公安委員会の公印や岐阜県警察本部長の印が押してある甲3号証の2や4を軽易な文書として扱ったとしている主張が5ページにある。 https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/564039…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣 金田勝年は悪党

平成28年(ワ)第395号 虚偽公文書作成罪等慰謝料請求事件の被告(国)の第2準備書面が届きました。被告指定代理人は髙松浩之、小島寿一、上野美帆、小泉達也、中野玲、澤之向淳、橋本真志、野田美栄です。 岐阜家庭裁判所高山支部の上台書記官が虚偽の説明をしても、勘違いで済ませてしまうのですか。給料をもらっていてよくそんなことができるものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部監察課は公文書偽造したのか

岐阜県警察本部監察課が有印公文書偽造した証拠を公開します。偽造文書に押印した岐阜県警察本部長 竹内浩司、主席監察官 安田憲司、監察課長 大坪道明、上席監察官 沢井孝明他、この文書に押印した人物は、公文書偽造の実行共同正犯である。詳しくはhttp://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56279448.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山警察署元刑事課長石川直和は虚偽の証言をする

平成28年11月24日、岐阜地裁に置いて岐阜県警察本部の刑事部刑事総務課の石川直和は偽証した。 1 下記の証人調書16頁で原告は甲22号証を示し、高山警察署の岩本さんは私の通っている病院に何をしに行ったのですかと質問すると、石川直和は「覚えていません。」と答えた。 2 一方、証人調書22頁では被告代理人の甲22号証の質問に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被告岐阜県知事古田肇の答弁書は笑点級

平成29年3月1日付、被告岐阜県 原告平成一刻、事件名 平成29年(ワ)第43号警察官不法行為慰謝料請求事件の答弁書が届きました。内容は以下のとおりです。岐阜県知事古田肇の代理人のお笑いの主張が5頁めにあります。日本国民の皆さん見てやってください。このネタ吉本興業に売れますよ。 http://blogs.yahoo.co.jp/oki…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部の田中太朗はハッタリ名人

平成29年2月2日、事件番号 平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件で岐阜地裁の裁判長 眞鍋美穂子らは平成一刻の訴えを棄却した。 原告は争点⑵について、岐阜県警 高山警察署 刑事課 田中太朗巡査長が明らかに虚偽の説明をしている録音データーを岐阜地裁に提出したが、岐阜地裁の眞鍋美穂子裁判長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more