テーマ:誤審

大阪地検 北川健太郎は給料泥棒

 森友学園の国有地売却に関する決裁文書改ざんで大阪地検特捜部 北川健太郎は佐川宜寿国税庁長官を不起訴にした。最高検の西川克行は大阪地検 北川健太郎を正当に指揮監督しなかった今世紀最悪の検事総長である。西川克行は安倍の門下生であるから仕方がないか。諸悪の根源の安倍晋三を裁くことなどできるはずもないか。https://blogs.yahoo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦 無法者

 名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。  判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官を写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦 無法者

 名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。  判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事 池上政幸は極悪人

平成28年(し)第506号 最高裁第一小法廷 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、史上最悪の判事である。そして、最高裁判所は伏魔殿である。  なぜならば岐阜県警 高山警察署 石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川克行検事総長は大悪党

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所 裁判長 永野圧彦は無法地帯

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。永野圧彦らは岐阜県知事古田肇と癒着しているので最高裁に上告受理申立書を提出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 石飛大輔は大悪人

平成25年11月18日頃、石川は石川の上司である高山警察署長の杉江功に(以下「杉江」という。)原告の告訴状の取り扱いについて相談し、杉江の指揮で石川は原告の告訴権とプライバシーを侵害したのであるから、石川と杉江の刑法上の関係は共謀共同正犯である。直接犯行を行った、石川は道具のような存在であるが、杉江は背後の黒幕的存在であり、常識的に考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣 金田勝年は引責辞任せよ

 平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。最高検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所 裁判官 田邊浩典は悪魔

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。 https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地検 加藤和宏次席検事は無法者

岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした大悪党である。 平成一刻は竹内浩司らが明らかなに偽造文書を作成した証拠を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。 岐阜地検と岐阜県警は癒着しているとしか思えない。岐阜地検に正義など微塵もない。 https://blog…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣 金田勝年は悪党

平成28年(ワ)第395号 虚偽公文書作成罪等慰謝料請求事件の被告(国)の第2準備書面が届きました。被告指定代理人は髙松浩之、小島寿一、上野美帆、小泉達也、中野玲、澤之向淳、橋本真志、野田美栄です。 岐阜家庭裁判所高山支部の上台書記官が虚偽の説明をしても、勘違いで済ませてしまうのですか。給料をもらっていてよくそんなことができるものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部 高山警察署 違法行為

平成25年11月18日頃、石川は石川の上司である高山警察署長の杉江功に(以下「杉江」という。)原告の告訴状の取り扱いについて事前に相談し、杉江から承諾ないしは指示を得て、石川は上記⑶のアとイの犯罪を実行したのであるから、石川と杉江の刑法上の関係は共謀共同正犯である。いわば杉江は、この犯罪の黒幕的存在であるからその責任から逃れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判長 藤山雅行は売国奴

 にほんブログ村 名古屋高裁 平成28年(ネ)第423号 虚偽文書等提出慰謝料請求控訴事件について、裁判長 藤山雅行 判事上杉英司、判事丹下将克は物証を無視し平成一刻の請求を棄却した悪党である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

髙木博巳判事は倫理無し

岐阜家庭裁判所高山支部の判事 高木博巳は悪党である。なぜなら事実を捻じ曲げて審判をしたからである。https://blogs.yahoo.co.jp/yowork5487/37652398.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部 山本有一は引責辞任せよ

岐阜県警察本部山本有一は警察の責任者として責務を全うしていますか。 平成29年3月1日付、被告岐阜県 原告平成一刻、事件名 平成29年(ワ)第43号警察官不法行為慰謝料請求事件の答弁書が届きました。内容は以下のとおりです。岐阜県知事古田肇の代理人のお笑いの主張が5頁めにあります。日本国民の皆さん見てやってください。このネタ吉本興業に売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁の真鍋美穂子裁判長は岐阜県警と談合?

平成29年2月2日、事件番号 平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件で岐阜地裁の裁判長 眞鍋美穂子らは平成一刻の訴えを棄却した。原告は争点⑵について、岐阜県警 高山警察署 刑事課 田中太朗巡査長が明らかに虚偽の説明をしている録音データーを岐阜地裁に提出したが、岐阜地裁の眞鍋美穂子裁判長らは平成一刻の請求を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所 眞鍋美穂子判事は正義感0

平成29年2月2日、事件番号 平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件で岐阜地裁の裁判長 眞鍋美穂子 裁判官 中畑章生 裁判官 足場麦子は平成一刻の訴えを棄却した。 原告は争点⑷について、証拠写真や録音データーを提出し、警察官の言動に明らかに問題があるにも関わらず、眞鍋美穂子裁判長らは平成一刻の請求を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警察本部 飛騨警察署は言論の自由を弾圧する

平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁判所高山支部高木健司判事等を批判したビラを付近の民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署の中根衛外3名は1時間に及ぶ職務質問をし「このビラは付近住民を不安にさせる」等と言い、ビラを民家に配布する行為を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所 眞鍋美穂子は鬼である

平成29年2月2日、事件番号 平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件で岐阜地裁の裁判長 眞鍋美穂子 裁判官 中畑章生 裁判官 足場麦子は平成一刻の訴えを棄却した。 平成28年5月15日、原告は争点⑹について、文書送付嘱託を申し立てたが眞鍋美穂子裁判長は却下した。そうしておいて、眞鍋は判決では具体的な根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁の裁判長 真鍋美穂子 裁判官 中畑章生 裁判官 足場麦子は大悪党

平成29年2月2日、事件番号 平成27年(ワ)第433号 警察官等不法行為慰謝料請求事件で岐阜地裁の裁判長 真鍋美穂子 裁判官 中畑章生 裁判官 足場麦子は平成一刻の訴えを棄却した。  判決の理由の中で土川孝則刑事課長の作成した乙第7号証が虚偽公文書であるにも関わらず、多く引用しているので、乙第7号証が虚偽公文書であることを公表する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警 飛騨警察署が言論を弾圧する

平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁判所高山支部高木健司判事等を批判したビラを付近の民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署の中根衛外3名は1時間に及ぶ職務質問をし「このビラは付近住民を不安にさせる」等と言い、ビラを民家に配布する行為を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜家庭裁判所 高山支部の高木健司判事と岩本孝仁書記官を不起訴

 平成27年9月16日、平成一刻は岐阜地方裁判所 高山支部の高木健司判事と岩本孝仁書記官を最高検察庁に虚偽公文書作成で刑事告発していましたが、残念ながら、平成28年10月25日岐阜地方検察庁は不起訴処分としました。残念です。やはり、裁判官と検察官は同じ穴のムジナなのでしょうか?  http://blogs.yahoo.co.jp/yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子は独裁者

最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、史上最悪の判事である。そして、最高裁判所は伏魔殿である。  なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に返還した。この行為は、石川刑事課長が平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事 古田肇は岐阜県警察本部の情報を公開せよ

岐阜県知事 古田肇は岐阜県警察本部の情報を公開せよ 岐阜県警察本部高山警察署員及び飛騨警察署員は嘘を付き、石川直和刑事課長や飛騨警察署員は虚偽公文書文書を作成し、さらに石川刑事課長は平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害した。警察官の堕落と腐敗ぶりは底なし沼であるのに、そこに目を向けず、条例を盾に平成一刻の申請を棄却することは、血も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事 大谷直人、櫻井龍子は暴君である

 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、テロリストである。そして、最高裁判所は伏魔殿である。  なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に返還した。この行為は、石川刑事課長が平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事、大谷直人は北のスパイか

最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、売国奴である。  なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に返還した。この行為は、石川刑事課長が平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害したが、このような刑事課長を最高裁は法律を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事、大谷直人は悪魔である。

 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、売国奴である。  なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に返還した。この行為は、石川刑事課長が平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害したが、このような刑事課長を最高裁は法律…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高裁刑事第1部の裁判長裁判官 山口裕之 裁判官 出口博章 同 大村陽一は平成一刻の不審判請求の抗告を棄却したので最高裁へ特別抗告した。  名古屋高等裁判所は刑事訴訟法(第230条、同242条、第189条第2項)や犯罪捜査規範第63条と最高裁の判例を踏みつける無法集団である。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高裁刑事第1部の裁判長裁判官 山口裕之 裁判官 出口博章 同 大村陽一は平成一刻の不審判請求の抗告を棄却した。  裁判所と岐阜県警察本部の癒着はとどまるところが無い。  全国の警察官が、石川直和刑事課長の真似をしたら大混乱になることが分からないのだろうか。  山口裕之判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地裁は法律を破る団体

 岐阜地方裁判所は悪の巣である。正義や真実探求など微塵もない。非道な妖怪の集まりである。罪人を処罰せず、年寄りや、病人や、弱いものをいじめる最悪の集団である。  警察官が犯罪を犯すのは、それを取り締まる、検察庁や裁判所が警察官を厳しく処罰しないからである。今回も、高山警察署 刑事課長 石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more