テーマ:司法改革

大阪地検 北川健太郎は給料泥棒

 森友学園の国有地売却に関する決裁文書改ざんで大阪地検特捜部 北川健太郎は佐川宜寿国税庁長官を不起訴にした。最高検の西川克行は大阪地検 北川健太郎を正当に指揮監督しなかった今世紀最悪の検事総長である。西川克行は安倍の門下生であるから仕方がないか。諸悪の根源の安倍晋三を裁くことなどできるはずもないか。https://blogs.yahoo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方裁判所長 田村眞は無法者

 岐阜地裁は平成一刻の訴訟指揮の申し立てを拒否した悪党集団である。岐阜県警が岐阜県公安委員会の公印を権利もなく使用した疑いがあったので、公印規定に基づく原義書と公印使用簿の提出を岐阜県側に求めることを裁判所に申し立てたが却下した。 まさに岐阜地裁の田村眞判事、真鍋美穂子判事は安倍総理と同様、悪魔の公権力を行使している。 https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県警は公印規定を無視

原告は原告準備書面4の第7で、 第7 求釈明  1 被告準備書面⑶の第3の1について    被告は甲3の2や甲3の6を岐阜県公安委員会が作成したものであるとしているがその根拠は何か。たとえば、岐阜県公安委員会の委員が押印した甲3の2や甲3の6の原議書を証拠として提出できないか。また、原議書が提出で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県知事古田肇は公印規定無視

原告は原告準備書面4の第7で、 第7 求釈明  1 被告準備書面⑶の第3の1について    被告は甲3の2や甲3の6を岐阜県公安委員会が作成したものであるとしているがその根拠は何か。たとえば、岐阜県公安委員会の委員が押印した甲3の2や甲3の6の原議書を証拠として提出できないか。また、原議書が提出で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁 大谷直人と寺田逸郎は罪人と同等

平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁判所高山支部高木健司判事等を批判したビラを付近の民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署の中根衛外3名は1時間に及ぶ職務質問をし「このビラは付近住民を不安にさせる」等と言い、ビラを民家に配布する行為を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁長官大谷直人・寺田逸郎は権力の番犬

平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁判所高山支部高木健司判事等を批判したビラを付近の民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署の中根衛外3名は1時間に及ぶ職務質問をし「このビラは付近住民を不安にさせる」等と言い、ビラを民家に配布する行為を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁長官 大谷直人、寺田逸郎は3権分立を無くした悪党

平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁判所高山支部高木健司判事等を批判したビラを付近の民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署の中根衛外3名は1時間に及ぶ職務質問をし「このビラは付近住民を不安にさせる」等と言い、ビラを民家に配布する行為を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁長官大谷直人・寺田逸郎は憲法を踏みにじる悪党

最高裁判所から調書が届きました。結果は上告棄却。 最高裁判所長官 大谷直人は無法者 第三小法廷 岡部喜代子、山﨑敏充、戸倉三郎、林景一は最悪の悪党です。最高裁判所長官 寺田逸郎も悪党。 平成27年1月20日、19時30分頃、平成一刻は岐阜県飛騨市古川町袈裟丸地内の袈裟丸公民館付近で、自家用車を停車し、岐阜家庭裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判所長官 大谷直人は悪党のボス

 第三小法廷 岡部喜代子、山﨑敏充、戸倉三郎、林景一は最悪の悪党です。 また、平成一刻が岐阜家庭裁判所高山支部 高木健司裁判官を批判したビラを民家に配布しようとしたが、岐阜県警察本部 飛騨警察署 中根衛らが配布させなかったのは言論の自由を奪うものだと訴えたがこれを棄却した。 まさに、最高裁判所第三小法廷は、日本国憲法を踏みにじる大悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務省の小島寿一は非道人

 被告指定代理人の小島寿一、小泉達也、橋本真志は原告準備書面6で主張した甲4号証が虚偽公文書であることを否認した冷血人間である。  甲4号証は明らかに虚偽公文書であるのに血も涙もない主張である。島寿一、小泉達也、橋本真志らは法務局の職員で人権を守る立場のはずなのに、平成一刻の人権を踏みにじる極悪非道人である。http://livedo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総理大臣 安倍晋三は世間知らず

にほんブログ村  日本もこれで終わりです。 総理大臣 安倍晋三の目は節穴です。 盲目な状態で政治をしています。 政府は、最高裁判所の寺田逸郎長官が来月、定年で退官するのに伴い、後任に、最高裁判所判事の大谷直人氏を充てる方針を固めました。  詳細https://blogs.yahoo.co.jp/yowork5487…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の終焉

日本もこれで終わりです。 安倍晋三の目は節穴です。 盲目な状態で政治をしています。 政府は、最高裁判所の寺田逸郎長官が来月、定年で退官するのに伴い、後任に、最高裁判所判事の大谷直人氏を充てる方針を固めました。 大谷直人が悪党である証拠 https://blogs.yahoo.co.jp/yowork5487/37174772.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇の主張

岐阜県知事古田肇の主張は嘘ばかりです。  ​県知事がよくこれだけ嘘​がつけるものです。  空いた口がふさがりません。 詳しくは https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56554790.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦 無法者

 名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。  判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官を写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦 無法者

 名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。  判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事 池上政幸は極悪人

平成28年(し)第506号 最高裁第一小法廷 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、史上最悪の判事である。そして、最高裁判所は伏魔殿である。  なぜならば岐阜県警 高山警察署 石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司に依頼して平成一刻に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古田肇知事は嘘付き王

岐阜地方裁判所 原告 平成一刻 被告 岐阜県知事 古田肇  平成29年(ワ)第43号 警察官不法行為慰謝料請求事件 2 被告準備書面⑵の第2について ⑴ 被告準備書面⑵の第2の1について 被告は「モトキが「告訴状のコピーを預かった」こと」を否認しているが、原告はモトキが告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川克行検事総長は大悪党

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川克行検事総長は売国奴

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長 竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長 竹内浩司を不起訴訴分にした。  平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽造文書を作成した証拠1・証拠2・証拠3を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高等裁判所 裁判長 永野圧彦は無法地帯

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。永野圧彦らは岐阜県知事古田肇と癒着しているので最高裁に上告受理申立書を提出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高裁 田邊浩典裁判官に正義感0

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。永野圧彦らは大悪人であるので最高裁に上告理由書を提出した。https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁 石飛大輔は大悪人

平成25年11月18日頃、石川は石川の上司である高山警察署長の杉江功に(以下「杉江」という。)原告の告訴状の取り扱いについて相談し、杉江の指揮で石川は原告の告訴権とプライバシーを侵害したのであるから、石川と杉江の刑法上の関係は共謀共同正犯である。直接犯行を行った、石川は道具のような存在であるが、杉江は背後の黒幕的存在であり、常識的に考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋高裁 裁判官 田邊浩典は倫理観なし

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部 裁判長 永野圧彦、裁判官 田邊浩典、裁判官 大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に違反している。判決文の11ページには、上告人が公務中の高山警察署警察官を写真で撮影しようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地検に正義無し

岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、偽証した岐阜県警 石川直和を不起訴訴分にした大悪党である。平成一刻は石川直和が明らかなに偽証した証拠を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。岐阜地検と岐阜県警は癒着しているとしか思えない。 https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/563…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜地方検察庁と岐阜県警察本部が談合した疑いあり

岐阜地方検察庁(玉置俊二検事正・加藤和宏次席検事)の石飛大輔検事は、偽証した岐阜県警 石川直和を不起訴訴分にした悪党である。平成一刻は石川直和が明らかなに偽証した証拠を提出したが石飛検事はそれを無視する判断をした。岐阜地検と岐阜県警は同じ穴のムジナに過ぎない。https://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56376…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務省 髙松浩之、小島寿一、上野美帆は非常識な役人

平成28年(ワ)第395号 虚偽公文書作成罪等慰謝料請求事件の原告第5準備書面を提出しました。原告は被告指定代理人の髙松浩之、小島寿一、上野美帆、小泉達也、中野玲、澤之向淳、橋本真志、野田美栄に対して反論をしました。岐阜家庭裁判所高山支部の上台書記官が虚偽の説明をしても、勘違いで済ませようとする被告指定代理人の人間性を疑います。髙松浩之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣 金田勝年は悪党

平成28年(ワ)第395号 虚偽公文書作成罪等慰謝料請求事件の被告(国)の第2準備書面が届きました。被告指定代理人は髙松浩之、小島寿一、上野美帆、小泉達也、中野玲、澤之向淳、橋本真志、野田美栄です。 岐阜家庭裁判所高山支部の上台書記官が虚偽の説明をしても、勘違いで済ませてしまうのですか。給料をもらっていてよくそんなことができるものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more